COLLINAオーダーキッチン・リフォームのコリーナ

TEL.0561-76-4121
AM9:00 ~ PX18:00 水曜・日曜定休

ブログ
-BLOG-

NEWS

2021/08/23

【気を付けて!】炎天下と同じくらい危険!?キッチンでの熱中症について| オーダーキッチンの企画・販売、施工の株式会社コリーナ

こんにちは!コリーナスタッフです。

 

最近、雨や新型コロナウイルスの感染拡大でますますお家で過ごす時間が増えてきてはいないでしょうか?

それに伴いお部屋の中での熱中症が多くなってきています(-_-;)

 

夏の暑い日は冷房のきいた快適な室内で過ごしたいですよね。

しかしそんな快適な家の中でも『熱中症』になるリスクがあります。

 

そんな中、室内で熱中症になりやすい場所としてキッチンが挙げられます。

キッチンでは火を使うため気温が上がりやすく、調理中の蒸気によって湿度も上がるため注意しなくてはいけない場所です。

 

今回はキッチンでの熱中症にならないようにするためにどのようなことをしたらいいのか?についてお話していきます。

 

 

 

目次

・熱中症について

・キッチンは特に注意が必要

・もし熱中症にかかってしまったら…

・夏場のキッチンを乗り切る方法

・まとめ

 

 

 

熱中症について

熱中症とは、体温調節などうまくいかない時に起こる症状です。

高温多湿の環境では、正常に熱を放出できなくなる場合があります。

 

汗をかかなかったり、逆に汗が止まらなかったりと普段とは違う異変が起こってしまったら熱中症かもしれません。

他にもめまいやけいれん、吐き気など熱中症の程度によってさまざまな症状があります。

 

 

キッチンは特に注意が必要

キッチンは、家の中でも熱中症は特に注意が必要です。

キッチンは火を使うため気温が上がりやすく、調理中の蒸気で湿度も高くなってしまいます。

 

調理中では換気扇や小窓を開けておき、空気の通り道を作るようにしましょう。

 

 

 

また調理中でも水分補給をこまめに取りながら、身体を冷やせるアイテムを使用するのも効果的です。

 

「家族のために早くご飯を作らなきゃ…。」「今日は疲れたから早くご飯を食べて寝たい!」など頑張ってしまう人ほど台所に立たれるかと思います。

たまには電子レンジだけで出来る簡単な料理をしたりすることも大切です!

 

 

もし熱中症にかかってしまったら…

熱中症にかかってしまったら涼しい場所で安静にし水分と塩分を補給しましょう。

なるべく薄着になったり保冷剤を首筋やわきに当てるだけでも効果があります。うちわやタオルで仰ぐだけでも体温を下げることができます。

 

 

暑い夏場のキッチンを乗り切る方法

エアコン

キッチンが暑くなる理由の一つは、エアコンの空気が届きにくいことにあります。

はじめにエアコンの位置を確認しましょう。

エアコン周りに障害物があると冷気を遮ってしまうため冷房効率が悪くなってしまいます。

 

そして風通し、つまり『風の通り道』をつくる必要があります。

しっかりと風が通れば、窓を開けて換気する際も効率が上がります。

 

 

 

また一度取り込んだ冷気を逃げないようにする工夫も大切です。

エアコンの冷気がキッチンに届いてもすぐにその冷気が逃げてしまっては涼しくなりません。

冷暖房効率を上げるためにも樹脂を使った”複数窓”を採用してあげると夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができる断熱性の高いキッチンにすることができます。

 

 

サーキュレーター、扇風機

最近ではエアコンとサーキュレーター、扇風機を併用するご家庭が増えてきました。

エアコンを付ける前に扇風機を回すことでキッチンに溜まった暑い空気を逃がしてくれてエアコンの効きがよくなります。

 

サーキュレーターは湿度を調整してくれたり空気清浄機の機能がついていたりと暑さと一緒にジメジメとした湿気をなくしてくれるためオススメです。

 

 

断熱カーテン

エアコンの効きが良くても外の熱を防がないとなかなか涼しくなりません。

そこで断熱カーテンの出番です。

 

キッチンに勝手口など大きめの窓が付いている場合、検討した方がいいかもしれません。

エアコンの温度を下げなくても十分に涼しくなるため節電にも繋がります。

 

 

青色のアイテム

爽やかなイメージのある青色。

キッチンにも青色のアイテム、アクセントカラーを取り入れることで涼しげな印象を与えることができます。

 

貝殻など白いアイテムと組み合わせることでより涼しげな雰囲気を作ることができます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キッチンでの熱中症についてお話してきました。

キッチンは、室内での熱中症が起こりやすい場所になります。

コンロで火を使ったりすると熱や蒸気が出て思った以上の暑さになることも…。

 

熱中症にかからないためにもちょっとした心がけが必要になってきます。

扇風機やサーキュレーターであればはじめやすいかと思います!

夏のキッチンを快適に過ごすためにも今回ご紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

********************************

コリーナのキッチン・洗面の施工例をもっと見たい方はコチラ

リフォーム&リノベーションをもっと見たい方はコチラ

コリーナの新築ラインナップを見たい方はコチラ

コリーナのオリジナルキッチン「BAKE」を見たい方はコチラ

********************************

どなたでもお気軽にお問い合わせください

0561-76-4121

【お電話受付時間】9:00~18:00(水・日曜日定休)

pagetop

資料請求

展示場へ行ってみる