COLLINAオーダーキッチン・リフォームのコリーナ

TEL.0561-76-4121
AM9:00 ~ PX18:00 水曜・日曜定休

ブログ
-BLOG-

NEWS

2022/06/20

キッチンのプチリフォーム「扉交換」のススメ

こんにちは!コリーナスタッフです。

今週もスタートしましたね!

今日はとても暑くなる予報・・・。熱中症など気をつけたいですね!

 

 

さて、キッチンのリフォームと聞くと、大掛かりな工事をイメージする方もいらっしゃるかもしれません。

でも、大きな工事でなくても、お悩みを解消できることがあります。

それが、扉だけを入れ替えるプチリフォームです。

リフォームするかどうか迷っている方に、こんな方法もあるんだ!と知っていただけると嬉しいです。

 

 

 

▼目次

・プチリフォーム「キッチン扉交換」のススメ

扉交換のメリット

扉交換の注意点

まとめ

 

 

 

プチリフォーム「キッチン扉交換」のススメ

 

事例はこちら

 

リフォームしたい場所を聞くと、いつも上位にランクインするのが「キッチン」です。

でも、キッチンを丸ごと新しいものに交換するのは、お値段的にも負担が大きいもの。

そこでご提案したいのが、キッチンの「扉だけを交換する」というプチリフォームです。

 

キッチンの扉だけを交換できるの?って思う方もいらっしゃるかもしれないですね。

はい、できるんですよ!

扉を外して丸ごと交換したり、別の素材を表面に貼ったりすることで、扉のイメージを一新することができます。

 

古いキッチンで痛みが目立つのは、天板と扉です。

よく動かす場所、水がかかる場所から、傷んでいくんですね。

面積も大きいので、ここをきれいにすると、新品のような見た目に大変身!

慣れたキッチンの使い勝手はそのままに、長く使っていただくことができます。

 

それに、扉交換するのは、古くなったキッチンだけとは限りません。

新品のキッチンで、扉を付け替えるケースもあるんですよ。

機能は十分だけれどデザインが好みでないという既製品キッチンでも、好みの扉に替えることでお気に入りになります。

 

 

 

扉交換のメリット

 

事例はこちら

 

イメージが大きく変わる

キッチン全体のイメージを決めるのは、やはり「扉」の色や質感です。面積が広い分、影響が大きいですよね。

扉を変えるだけで、大きく印象が変わります。

特に、壁付けキッチンの場合は、ダイニングやリビングからもよく見えるため、キッチンを丸ごと交換したようなインパクトがあります。

 

新しくきれいなキッチンになれば、お料理のモチベーションもアップ!キッチンに立つのが、毎日楽しくなりますよ。

 

 

床やインテリアと相性が良くなる

既製品のキッチンで扉の表面に使われるのは、化粧シートや塗装などのツヤツヤとした質感のものが多いです。

これはこれでキレイですが、無垢板のフローリングなど自然素材を使ったインテリアの中では、味気なく感じることもあります。

 

もっと温かみのある素材を希望しても、キッチンメーカーで選べる「木」を使った面材は、色や質感に限りがあるもの。

オーダーキッチンを選ぶというのも一つの方法ですが、コストを考えると二の足を踏んでしまうという方も少なくありません。

 

そこで、おすすめするのが、扉を交換する「プチリフォーム」です。

床やインテリアと相性のいい素材を選ぶことができ、トータルコーディネートが完成するからです。

 

リフォームとは言え、古いキッチンだけでないんですよ。

もし機能は気に入っているけどデザインが、と思うキッチンがあれば、新品でも扉交換を考えてみてください。

 

新品のキッチンの扉を交換した事例

 

 

コストを抑えられる

3つ目のメリットは、コストです。

キッチン全体を交換するリフォームに比べると、費用はグッと抑えることができます。

機能的には気に入っている、リフォームでの優先度が高くないというケースでは、扉だけを交換するケースもあります。

 

新品のキッチンを購入する場合でも、気に入った扉面材を選ぶとグレードが上がり金額が高くなることがあります。

そんな時は、スタンダードなグレードのキッチンを選び、後から扉だけを交換することもできます。

 

 

 

扉交換の注意点

 

事例はこちら

 

キッチンの扉だけを交換するのも良さそう、と興味を持っていただいた方には、注意点もお伝えしておきますね。

 

 

一枚だけでなく、全体をまとめての交換になる

キッチンの扉交換は、通常一枚ではなく全部をまとめて交換します。一枚だけの交換では、効果も限定的ですし、バランスも取りづらいもの。

引き出しも含めた扉の表面を、まとめて交換することを知っておきましょう。

 

 

 

床や壁とバランスを揃える

新しい扉を選ぶ時には、床や壁とのコーディネートがポイントになります。

検討する時に役立つのは、扉のサンプルです。できるだけ大きなサイズのサンプルを用意し、実際にキッチンに立てかけてみましょう。

床や壁とのバランスを、はっきりイメージできるので、おすすめの方法です。

 

 

 

材質の特徴をよく知って選ぶこと

扉の材質は、無垢の木やシートなど様々なものがあります。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、特徴をよく調べて、利用方法にあったものを選ぶのが大切です。

 

 

 

まとめ

 

扉だけを付け替える小規模なリフォームでも、キッチンの印象を大きく替えることができます。

古くなったキッチンだけでなく新品のキッチンでも、この方法ならインテリアに合うキッチンを作りだすことができます。

キッチンにお困りのことがあれば、扉だけの交換も考えてみてくださいね!

 

 

 

********************************

コリーナのキッチン・洗面の施工例をもっと見たい方はコチラ

リフォーム&リノベーションをもっと見たい方はコチラ

コリーナの新築ラインナップを見たい方はコチラ

コリーナのオリジナルキッチン「BAKE」を見たい方はコチラ

********************************

どなたでもお気軽にお問い合わせください

0561-76-4121

【お電話受付時間】9:00~18:00(水・日曜日定休)

pagetop

資料請求

展示場へ行ってみる

求人情報