COLLINAオーダーキッチン・リフォームのコリーナ

TEL.0561-76-4121
AM9:00 ~ PX18:00 水曜・日曜定休

ブログ
-BLOG-

NEWS

2021/05/24

ガスコンロとIHヒーターはどちらを選ぶべき?| オーダーキッチンの企画・販売、施工の株式会社コリーナ

こんにちは!コリーナスタッフです。

 

ご家庭の調理機器の代表でもあるコンロ。

リフォームなどを考える際に「ガスコンロとIHクッキングヒーターのどっちがいいの?」とお悩みの方も多数いらっしゃると思います。

オール電化を希望するならIH、料理が好きで昔ながらの使い勝手が良いという方はガスコンロ、といったように利用する環境や好みによって変わってきます。

今回は、ガスコンロ、IHクッキングヒーターそれぞれの特徴をご紹介していきます。

それぞれのポイントから比較してご購入の参考にしてください。

 

 

目次

・ガスコンロのメリット

・ガスコンロのデメリット

・IHクッキングヒーターとは?

・正しい使い方

・IHクッキングヒーターのメリット

・IHクッキングヒーターのデメリット

・まとめ

 

 

 

ガスコンロ

以前から使われていて馴染みのある調理器具といえばガスコンロです。最近はゴトクが簡単に外せてお手入れできたり、便利な機能がついて安全性が高くなったものもたくさん販売されています。

 

 

 

 

ガスコンロのメリット

火力を自由に調節できる

2口でも3口コンロでも同時に強い火が出せるのは、IHにはない強みです。

フライパンからコンロから遠ざけ、振ってかき混ぜる動作ができ、まんべんなく食材に味を行きわたらせることができます。

程よい焦付きを出すなどアレンジが効くので料理にこだわりを持つ方にはおすすめです。

 

調理器具を選ばない

ガスコンロの場合ほとんどの調理器具(フライパンや鍋など)に対応しています。新しい調理器具を購入する際にコンロに対応しているかどうかを確認する手間が省けます。

 

停電時でも使用可能

万が一、天災などのガスの供給が止まらない限り普段通り使うことができます。(※一部を除く)

またLPガスなら安全を確認できれば緊急時にも利用できます。

 

 

 

ガスコンロのデメリット

火を扱うため危険

まわりに燃えやすものがあって火事になったり、ガス漏れを起こすなど取り扱いには注意しないといけません。

しかし最近では安全装置が付いているガスコンロがほとんどで、もし消し忘れがあったとしても自動で消してくれます。安心して使えるようになっていますね!

 

夏場は暑い

火を使うことでまわりの空気が熱くなります。

換気扇を回していてもかなり熱がこもってしまうます。逆に冬場は暖かくて快適ということも考えられます。

夏や冬は両方訪れるものなので良し悪しもありますが、キッチンの時間を過ごしやすくするためにいかに工夫していくかが大事なのかもしれません。

 

お手入れが大変

IHは天板がフラットなので料理をしている時に汚れてしまってもサッと一拭きするだけできれいな状態を維持できます。ですがガスコンロの場合凹凸があるのでしっかりとお手入れするには時間がどうしても掛かってしまいます。特にゴトクは焦げ付いたりすることがあるので汚れを落とすことが大変です。

 

 

 

IHクッキングヒーターとは?

IHクッキングヒーターとは、電磁調理器のことを指します。

IHの中には磁力を発生させるコイルがあり電気を流すことで熱が発生する仕組みです。

IHクッキングヒーターは火を使わないから安全と思ってしまいますが、間違った使い方をしていると怪我や火事の原因にもなってしまいます。

 

 

 

 

正しい使い方

揚げ物をする時は特に注意

IHクッキングヒーターは素早く高温に温度を上げられる特徴があります。

揚げ物をする場合に通常の加熱ボタンを押してしまうと、油が自然発火する温度まで上昇してしまいます。

ですので揚げ物をする場合は必ず揚げ物専用の機能やボタンを使いましょう。

また必要な油の量が決められているので説明書をしっかりと確認しておきましょう。

 

汚れ防止カバーは敷かない

料理をする時に掃除の手間を省くために汚れ防止カバーを敷くという方もいるかもしれません。しかし鍋底とプレートが直接接しない状況になるため、鍋底の温度を正確に検知できず、温度がどんどん上がって発火したりととても危険です。

汚れてもお手入れが簡単なのがIHクッキングヒーターの魅力ということを知っておきましょう。

 

 

 

IHクッキングヒーターのメリット

安全性が高い

火を使わないため衣類に引火するといった心配を避けられるため火災の危険性は低いです。

さらにコンロから調理器具をはなすと自動的に加熱がストップするので消し忘れ防止になります。そして身体に有害な窒素酸化物が発生しないので室内の空気を綺麗に保ちつつ安全な環境で過ごせます。

 

お手入れがラク

ガスコンロのような凹凸がない形状なので吹きこぼれや油はねした場合にフキンで拭くだけでお掃除ができてしまいます。綺麗な状態を保てるため普段から来客が多い、忙しくてお掃除の時間がない、お子さんがいて雑菌が気になるなどのお悩みを持つご家庭におすすめです。

 

省エネ

IHコンロの火力は弱いという印象を持たれがちですが、実は熱の伝わり方が非常に早くすぐに強火にできます。

また液晶パネルで操作ができ火加減のコントロールがしやすく余分な熱を出さないことから省エネにつながります。

 

 

 

IHクッキングヒーターのデメリット

火加減が難しい

IHは電力を使える容量が決められているのでコンロの火力が強くしすぎてしますとブレーカーが落ちてしまうことがあります。素材を均一に加熱できる反面、表面だけ焼いたり、炙ったりということができないので直火を使用する料理には不向きです。

炒め物など強い火力で一気に仕上げる料理も向きません。ガスコンロと同じような火力で料理をしてしまうと天板が焦げてしまうことがあります。

茹でるや煮るという料理をする場合は問題ありませんが、焼く、炒める時には注意が必要かもしれません。

 

調理器具に制限

フライバンや鍋などの調理器具はIHに対応したものでないと使えません。

以前ガスコンロで使っていた場合、IHに対応したものに買い替えないといけないこともあります。

使用できる素材としては、鉄やステンレスはOKですが、銅やアルミといったものは使えないなど制限があります。

 

停電時には使用できない

電気を使用するため停電時に使用できません。お住まいの地域にもよりますが、地震や台風の時に停電してしまう可能性があるのであれば選択を考えないといけません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

それぞれにメリットとデメリットがありますので「絶対にこっちがおすすめ!」とは言いがたいです。

良いところばかり見ていると、購入後に見逃していたデメリットによってストレスを感じてしまうこともあります。

キッチンのリフォームの際は、ご家庭のライフスタイルをイメージすることで選びやすくなるでしょう。

 

もしガスコンロかIHか迷われた場合は、一度コリーナにご相談ください!

 

********************************

コリーナのキッチン・洗面の施工例をもっと見たい方はコチラ

リフォーム&リノベーションをもっと見たい方はコチラ

コリーナの新築ラインナップを見たい方はコチラ

コリーナのオリジナルキッチン「BAKE」を見たい方はコチラ

********************************

どなたでもお気軽にお問い合わせください

0561-76-4121

【お電話受付時間】9:00~18:00(水・日曜日定休)

pagetop

資料請求

展示場へ行ってみる